同志社大学 課外活動

  • SPORTS
  • CULTURE
  • PROGRAM
  • ALL

同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

クラマ画会

Art club kurama

オフィシャルサイトへ

公式Twitter

 

  • 創部年

    1913年

  • 顧問(部長)

    越前 俊也

  • 副顧問(副部長)

    伊達 立晶

  • 幹事長

    亀井 茜

  • 副幹事

    石渡 幸恵

  • 会計

    藤野 早耶

  • 渉外

    東嶋 那奈

  • 渉内

    木村 有希

  • 総務

    城下 亜侑美

  • 田辺幹事

    柴崎 真琴

  • HP管理

    高野 夏子

 
 

  同志社大学 同志社
女子大学
他大学 大学院生
  男性 女性 - 女性 男性 女性 男性 女性
4年次生 2名 7名 - 0名 0名 0名 0名 0名
3年次生 2名 18名 - 0名 0名 1名 0名 0名
2年次生 4名 14名 - 1名 0名 0名 0名 0名
1年次生 11名 11名 - 1名 0名 0名 0名 0名
再修生 1名 0名 - 0名 0名 0名 0名 0名
全部員数 73名
  • 代表者氏名

    亀井 茜

  • 連絡先

    kurama.doshisha@gmail.com

 
 

  • 活動している曜日

    基本的に自由 定例練習会は今出川校地・京田辺校地共に週一回(平日)

  • 活動している時間

    基本的に自由 定例練習会…平日5限終了後

  • 活動している場所

    今出川校地…新町学生会館624、京田辺校地…京田辺別館402,404

  • 留学生の受け入れ

 
 

  • スローガン

    日々制作

  • 年度の目標

    部員の画力向上、部内外交流・広報活動の活性化

  • 目標に対してのコメント

    毎週の定例会・部員の自主的な練習・製作により部内全体での画力の向上を目指す。出来るだけ多くの部員が発表の機会を持てるよう、広報活動にも注力する。また、部員内・対外交流での技術の共有や批評により部内・他大学美術部との交流の活性化を図る。

 
 

クラマ画会は、創部から100年を超える歴史を持つ同志社大学の伝統ある美術部です。作品の制作時間や場所、ジャンルに制限はありません。去年度の展覧会では油絵、鉛筆画、ガッシュ、デジタル絵、立体、写真、衣服、日本画、絵本等が展示されました。
描きたいと思ったときに描きたい場所(クラブボックス、自宅等)で好きなだけ制作に励んで頂けます。京田辺でも今出川でもクラマ画会のクラブボックスなら油彩の匂いや200号の巨大なキャンバスでも場所を気にせず、残留届けを出せば時間を気にせず、自分の制作に集中することが出来ます。

制作した作品は、年4回超の展覧会で展示することが出来ます。展覧会のポスターは主にシルクスクリーンで部員自ら原案を作成し参加者一丸となり印刷をすることもあります。

また、活動は学内に留まらず他大学との合同展覧会や交流会もありますので、活動を通して様々な人との交流が可能です。立教大学・京都大学との合同展覧会のほか、秋には京都八大学合同展を開催しています。同年代の作品を見、交流することは、団体としてそして個人としても良い刺激になることと思います。

【こんな特色があります!】
自分のスタイルに合わせて活動することが出来ます。
クラマ画会は芸術分野はもちろんのことエンターテイメント分野のイベントも豊富です。年間を通じての豊富な行事の他にも、部員によるイベントの立案にも積極的で、幹事団がしっかりフォローさせていただきますので、自主的に部活動を盛り上げることが出来ます。
昨年度は講師を呼んでのデッサン会や初心者向け講習会(水彩、油彩、デッサン等)、個展を開いた部員もいます。
また、参加が義務付けられている行事は年度末の回生展(学年別の展覧会)と年4回の総会のみとなっておりますので、のんびり制作に集中したい人も活動しやすい環境となっています。

 
 

5月 新歓合宿
6月 前期展
7月
8月 第二回総会
夏合宿
京都八大学合同美術展覧会
9月 同立展(隔年で東京遠征)
10月 後期展
11月 第三回総会
EVE
12月 第四回総会
忘年会
1月 新年会
シルクスクリーン
2月
3月 クラマ画会展・卒展
追いコン
4月 オリエンテーション
新歓コンパ
第一回総会
 

アーカイブ