同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

応援に行こう

  • スケジュール
  • 戦績
  • ATOMレポート
  • 特集

緊急講演会 いま日本に問われていることー強制動員労働者の勧告最高裁判決をめぐって

400を超えるクラブ。あなたはどれを選びますか?

 

KOREA文化研究会Korean Culture Study Club

緊急講演会 いま日本に問われていることー強制動員労働者の勧告最高裁判決をめぐって

開催年月日: 2018/12/13(木)
開催時間: 18:25~19:55
開催場所: 同志社大学今出川キャンパス至誠館s1
料 金: 無料

インフォメーション ( 詳細 )

去る10月30日の元’徴用工’勧告最高裁判決に対して、日本では様々は反応が起こっています。ただその論調は「請求権は日韓請求権協定」で解決済みといったものが多く、この問題に対する冷静な分析がなされているようには見えません。そこで韓国近現代史が専門の太田修氏を招き、そもそも日韓会談、日韓請求権協定においてこの問題(個人請求権)がどのように議論されたのか、日本が植民地支配に対する責任を果たすという意味で、日韓請求権協定がいかに問題を含んでいるのかについてお話いただき、今回の判決が日本に何を問いかけているのか、考える場を持ちたいと思います。