同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

WOT《廣瀬純による 80年代以降の日本映画史 vol.2》

《廣瀬純による 80年代以降の日本映画史 vol.2》

開催年月日: 2019/07/18(木)
開催時間: 18:00開場/18:30開演
開催場所: 寒梅館ハーディーホール
料 金: 一般1300円、Hardience会員・学生1000円
申 請:
校 地: 今出川

《廣瀬純による 80年代以降の日本映画史 vol.2》
 ©ディレクターズカンパニー・㈱バンダイ・松竹第一興行㈱

報告

 

インフォメーション ( 詳細 )

 今回の上映会は「同志社大学 クールジャパン科目」のひとつとして開講されている現代日本映画講義の一環として行われるものである。同講義では90年代後半から「新たな日本映画」の名の下に世界的に知られるようになった監督たちの作品を取り上げているが、彼らが出現するための土壌は、80年代から相米慎二監督によって準備された。---廣瀬純

 
18:00開場/18:30開演
*上映後、廣瀬純によるレクチャーあり
 
主催:同志社大学今出川校地学生支援課
 
<上映作品&スケジュール>

18:00 開場

18:30 上映
『東京上空いらっしゃいませ』1990年/日本/109分
監督:相米慎二
出演:中井貴一、牧瀬里穂、笑福亭鶴瓶
事故死したキャンペーンガールのユウ。一度は天国へ行ったものの、気のいい死神をだまして地上に戻ってくるが…。幽霊のまま一生懸命生きようとする姿を描いた異色ファンタジー。

◎上映後、廣瀬純氏によるレクチャーあり
 
<料金>
一般1300円、Hardience会員・学生1000円
*同志社大学学生・教職員(同志社内諸学校含む)無料
 
<プロフィール>
廣瀬純(ひろせ じゅん)
哲学・映画批評
龍谷大学経営学部教授、同志社大学美学芸術学科及びクールジャパン科目嘱託講師
1971年東京生まれ。パリ第三大学映画視聴覚研究科博士過程中退。映画批評誌「カイエ・デュ・シネマ・ジャポン」(勁草書房)及び仏・映画批評誌「VERTIGO」元編集委員。著書に『シネマの大義』(2017)、『シネキャピタル』(2009)など多数。「週刊金曜日」誌上で“哲学的ジャーナリズム”の実践として「自由と創造のためのレッスン」連載。
 

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム