同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

クローバーシアター《特別上映:クリス・マルケル『レベル5』》

《特別上映:クリス・マルケル『レベル5』》

開催年月日: 2017/12/12(火)
開催時間: 18:00開場/18:30開演
開催場所: 寒梅館クローバーホール
料 金: 一般1400円 学生1300円 Hardience会員1200円
申 請:
校 地: 今出川

《特別上映:クリス・マルケル『レベル5』》

報告

インフォメーション ( 詳細 )

幾多の傑作を送り出してきた映像作家、クリス・マルケル。記憶と歴史への鋭いまなざしを向け、抵抗する人々を鮮明に捉えた彼は、国境やメディアなど、あらゆる境界を軽やかに越えて制作を続けていた。
今回は、マルケルの代表作であるにもかかわらず、日本では限られた形でしか紹介されていない『レベル5』(1996年)に、新たな日本語字幕を付けて国内4箇所にて特別上映。
この機会をお見逃しなく!

主催:神戸映画資料館、同志社大学今出川校地学生支援課
共催:アテネ・フランセ文化センター
協力:愛知県美術館、アルゴスフィルム、クリス・マルケル・ファンクラブ、渡辺真也

<上映作品>
『レベル5』Level 5
監督・撮影:クリス・マルケル
音楽:ミッシェル・クラスナ
出演:カトリーヌ・ベルコジャ、大島渚ほか
製作:アナトール・ドーマン、フランソワーズ・ヴィドフ
製作会社:レ・フィルム・ド・ラストロフォル、アルゴス・フィルム、ラ・セット・シネマ
1996年/フランス/105分 日本語字幕付き

沖縄戦の記憶の分有をテーマにした、フィクションを交えたドキュメンタリー。ローラは亡き夫が残したコンピュータプログラムの中で最も難易度の高い「レベル5」のゲームを解く。渡嘉敷島の集団自決を体験した金城重明牧師の証言やサイパン島の岬から身を投げる記録フィルム、そして30年間も上映が禁止されたジョン・ヒューストン監督の『そこに光を』の中の沖縄戦で記憶を消失した兵士の映像などがモニター上で開封される。


<スケジュール>
12月12日(火)@同志社大学寒梅館クローバーホール
18:00 開場
18:30 上映
*上映後、北小路隆志氏(映画批評)によるティーチインあり。
料金:一般1400円 学生1300円 Hardience会員1200円
*同志社大学学生・教職員(同志社内諸学校含む)無料

◎12月16日(土)@神戸映画資料館
13:45 開場
14:00 上映
16:05 講演「戦争・記憶・映像――クリス・マルケルの『レヴェル5』をめぐって」井上正昭(翻訳・映画研究)
17:00 終了(予定)

◎12月17日(日)@神戸映画資料館
13:45 開場
14:00 上映
料金(両日とも):一般1400円、学生1300円、会員1200円
*招待券のご利用不可

<プロフィール>
クリス・マルケル(Chris Marker)

1921 年生まれ。戦時中は反独レジスタンス活動に身を投ずる。1950年前後からドキュメンタリー映画に関わり、アラン・レネとの共同監督『彫像もまた死す』(1953)や、『北京の日曜日』(1956)などで頭角を現す。全編スチール写真で構成したSF短編『ラ・ジュテ』(1962)はカルト的傑作に。旅する映画作家として知られ、日本を題材にした作品も『不思議なクミコ』(1965)『サン・ソレイユ』(1982)『AK』(1985)、そして本作と多数。また近年では、『アレクサンドルの墓:最後のボルシェヴィキ』(1993)などビデオ作品も多く手がけ、本作も撮影は主にビデオである。コンピュータ・メディアやテレビ・ゲームにも強い関心を持ち、映画百年を記念するマルチメディア・インスタレーション『サイレント・ムーヴィ』(1995)や、人間と世界それぞれの“記憶”をテーマにしたCD-ROM作品『Immemory(イメモリー)』(1998)など、2012年に91歳で亡くなるまで、新メディアを使って旺盛に制作を続けた。

<お問合せ>
◎同志社大学今出川校地学生支援課
Tel:075-251-3270(平日9:00~11:30/12:30~17:00、土・日・祝閉室)

◎神戸映画資料館
Tel:078-754-8039
E-mail  info@kobe-eiga.net
http://www.kobe-eiga.net/
http://kobe-eiga.net/program/2017/12/3480/

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム