同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

クローバーシアター《広島国際映画祭2017in京都~アルベルト・セラ監督を迎えて》

《広島国際映画祭2017in京都~アルベルト・セラ監督を迎えて》

開催年月日: 2017/11/30(木)
開催時間: 18:00開場/18:30開演
開催場所: 寒梅館クローバーホール
料 金: 一般1500円、学生・シニア1200円、Hardience会員1000円
申 請:
校 地: 今出川

《広島国際映画祭2017in京都~アルベルト・セラ監督を迎えて》
『ルイ十四世の死』

報告

 

インフォメーション ( 詳細 )

ポジティブな力を持つ作品を、世界中から集めた映画祭として開催されている《広島国際映画祭》。
今回映画祭のために来日された、今、世界中から注目を集めるスペインの異才、アルベルト・セラ監督をお迎えし、特別作品の上映とトークを2会場で開催します。
またとないこの貴重な機会に、ぜひお越しください。

主催:ヴュッター公園、同志社大学今出川校地学生支援課、出町座
共催:広島国際映画祭実行委会
協力:アテネ・フランセ文化センター、東京藝術大学大学院、Andergraun Film


<スケジュール>

●11月29日(水)@出町座 *出町座プレオープンイベント17:30open/18:30start(21:00終了予定)
『騎士の名誉』上映&セラ監督によるアフタートーク
*司会進行・通訳:イヴァン・ディアス・サンチョさん(京都大学美学美術史学博士)
料金:一般1500円、学生シニア1200円、出町座賛助会員1000円(当日受付にてお申し出ください)
◎17:30からカフェ「出町座のソコ」オープン。フード&ドリンクをお楽しみいただけます。

●11月30日(木)@同志社大学寒梅館クローバーホール
18:00open/18:30start(21:00終了予定)
『ルイ十四世の死』上映&セラ監督によるアフタートーク
*司会進行・通訳:イヴァン・ディアス・サンチョさん(京都大学美学美術史学博士)
料金:一般1500円、学生・シニア1200円、Hardience会員1000円
*同志社大学学生・教職員(同志社大学諸学校含む)無料

<上映作品>

騎士の名誉 Honor de Cavalleria
2006年|103分|デジタル上映
監督・脚本: アルベルト・セラ
原案:ミゲル・デ・セルバンテス
出演:リュイス・カルボ リュイス・セラー
ドン・キホーテとサンチョ・パンサは、来るべき冒険を待ち望み、昼も夜も平原をただ彷徨っている。彼らは馬に乗り、食べ、眠り、様々な主題について語り合う。強く、得難い友情が二人を結んでいるのだ。『騎士の名誉』は、デジタルで撮影され、カタルーニャ、ジローナの自然を背景にドン・キホーテを自由に翻案、アマチュアの俳優を起用して制作された。

ルイ14世の死 La Mort de Louis XIV
2016年|115分|デジタル上映
監督・脚本:アルベルト・セラ
出演:ジャン=ピエール・レオ パトリック・ダスマサオ マーク・スジーニ
1715年、8月。太陽王ルイ14世は散歩から宮中に戻ると足に激しい痛みを感じる。それから数日後、王は政務につくが、夜になると痛みは増し、高熱に襲われる。彼はほとんど食べ物を口に運ぶこともなくなり、だんだんと衰弱していく。ここにあるのは、豪奢な一室で彼の信奉者と医者たちに取り囲まれ、フランスで最も偉大と称えられた王の緩慢な死である。

<監督プロフィール>

アルベルト・セラ Alberto Serra

1975年、スペイン・カタルーニャ州、バニョラス生まれ。バルセロナ大学にて文学理論とスペイン比較文化を専攻。2003年『Crespia』で映画監督としてデビュー。その後、2006年『騎士の名誉』がカンヌ国際映画祭監督週間部門にセレクションされ、国際的に脚光を浴びる。複数の短編を制作後、再び2008年『鳥の歌』が監督週間部門にセレクションされる。2011年には、「キリストの名前 Els Noms de Crist」、また、110時間に及ぶヴィデオ作品「三匹の子豚」を発表。2013年には、パリのポンピドゥー・センターにてインスタレーションやパフォーマンスを含めた大規模な回顧展が開催された。同年、カサノヴァの「回想録」からインスピレーションをえた『私の死の物語』でロカルノ国際映画祭、最高賞である金豹賞に輝く。2016年、ヌーヴェルヴェーグの俳優、ジャン=ピエール・レオを主演に迎えた最新作『ルイ14世の死』は、カンヌ国際映画祭公式部門に特別招待され、同年、ジャン・ヴィゴ賞を受賞する。また、2017年にはリスボンのギャラリー(la Galerie Graça Brandão)にて「太陽王(ルイ14世)」を巡るパフォーマンスも発表した。


<お問合せ>
ヴュッター公園 info@vutterkohen.com  http://vutterkohen.com/
同志社大学今出川校地学生支援課 tel:075-251-3270(平日9:00~11:30/12:30~17:00) e-mail:ji-gakse@mail.doshisha.ac.jp
出町座 tel: 075-203-9862   e-mail:info@demachiza.com  http://demachiza.com

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム