同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

クローバーシアター《ロメールと女たち 四季編~特別編》

《ロメールと女たち 四季編~特別編》

開催年月日: 2017/10/03(火)
開催時間: 18:00開場/18:30開演
開催場所: 寒梅館クローバーホール
料 金: 一般1200円、Hardience会員・学生800円
申 請:
校 地: 今出川

《ロメールと女たち 四季編~特別編》
© Les Films du Losange

報告

インフォメーション ( 詳細 )

昨年大好評を博したエリック・ロメール監督特集上映第二弾《ロメールと女たち 四季編》京都開催(京都シネマにて年内予定)にさきがけ、ロメール作品を特別上映。
またアフタートークのゲストには、最新作『静かなふたり』の日本公開を控えた(10月14日~)フランス期待の女性監督、エリーズ・ジラールさんをお迎えします。

18:00 開場

18:30 開演
『愛の昼下がり』《六つの教訓物語》第6弾
L’AMOUR L’APRES-MIDI
1972年/98分/カラー/デジタル
出演:ベルナール・ヴェルレー、ズーズ
仕事も私生活も充実しているフレデリックの楽しみは、街なかで女たちを観察し夢想にふけること。やがてその夢想
は、若く美しい女クロエとの出会いにより、午後数時間だけの逢瀬へと発展する。不倫にはまる中年男の悲喜劇ともいえる本作は、教訓シリーズの完結編。夢のシーンには他作品の出演女優たちが登場。実際の撮影は7週間だが、映像ではパリの季節の推移がしっかりと感じられる。

◎アフタートークあり
ゲスト:エリーズ・ジラール(映画監督)、久保昭博(関西学院大学教授/司会・進行・通訳)

エリーズ・ジラール
1974年生まれ。アニエス・ヴァルダ監督『5時から7時までのクレオ』を修士論文のテーマにしてソルボンヌ大学を卒業後、演劇学校で学ぶ。エリック・ロシャン、モーリス・ピアラ等の作品に端役で出演。1997年から「シネマ・アクション」系列の映画館で広報を担当。やがて映画業界をテーマに下ドキュメンタリーを2本制作する。初長編劇映画『ベルヴィル・トーキョー』を公開後、現在は最新作『静かなふたり』の日本公開を控えている。

料金:一般1200円、Hardience会員・学生800円
*同志社大学学生・教職員(同志社内諸学校含む)無料
*未就学児のご入場はご遠慮いただいております

主催・お問合せ:同志社大学今出川校地学生支援課
共催:マーメイドフィルム、コピアポア・フィルム

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム