同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

WOT《ジャン=クロード・ルソー レトロスペクティヴIII》

《ジャン=クロード・ルソー レトロスペクティヴIII》

開催年月日: 2016/11/24(木)
開催時間: 18:00開場/18:30開演
開催場所: 寒梅館ハーディーホール
料 金: 一般1200円、学生・シニア・会員(Hardience、神戸プラネットシネマ倶楽部)1000円
申 請:
校 地: 今出川

《ジャン=クロード・ルソー レトロスペクティヴIII》

報告

インフォメーション ( 詳細 )

“ヨーロッパで最も偉大な映画監作家”特集上映第3弾
ジャン=マリー・ストローブとダニエル・ユイレが“ヨーロッパで最も偉大な映画作家”と賞賛し、海外では特集上映も組まれながら、日本ではほとんど紹介される機会のなかったルソー監督。今回は第3弾として、2014年に日本で撮影された最新作や未公開作を含む9作品を、神戸・京都・東京の3都市/3会場にて開催します。

主催:アテネ・フランセ文化センター、神戸映画資料館、同志社大学今出川校地学生支援課


<スケジュール>
18:00 開場

18:30 上映
『晩秋』*世界初上映
2016年/24分
2014年京都滞在中に撮られた作品の一つで、11月の色鮮やかな自然の美しい京都御所の空間の中で往来する、カラフルな、時に奇妙な人々の佇まい、振舞い、仕草を見つめる。

『偽りの出発』
2006年/13分
絵が壁にかけられたホテルの室内で、監督自身がポーズをとると、それ自体一枚の絵画を思わせる構図となる。窓が開けられ、外の音が入ってきて、それは突然の移動へとつながれる。

『二度の世界周遊』
2006年/8分
フレームに正面からとらえられた窓枠の中にとらえられた光景、物音が想像させる外の世界。その中を監督自身が行来し、ときにカメラを見つめる。

『かくも遠く、かくも近く』*世界初上映
2016年/26分
2014年京都滞在中に撮られた作品の一つで、主として嵐山、尾道の風景や人々が登場し、ルソー監督を魅了してやまない小津安二郎映画への思いを日本の風景に重ね合わせる作品となっている。

19:45 トーク:ルソー監督、赤坂太輔(映画評論)

<料金>
一般1200円、学生・シニア・会員(Hardience、神戸プラネットシネマ倶楽部)1000円 *同志社大学学生・教職員無料

<他会場>
11/23 神戸映画資料館 http://kobe-eiga.net/program/2016/11/2671/

12/2・3 アテネ・フランセ文化センター http://www.athenee.net/culturalcenter/program/rou/rousseau.html

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム