同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

WOT《NUCLEAR NATION~3.11以後の世界を生きるために》

《NUCLEAR NATION~3.11以後の世界を生きるために》

開催年月日: 2016/06/09(木)
開催時間: 17:20/19:40映画上映、18:30講演
開催場所: 寒梅館ハーディーホール
料 金: 無料
申 請:
校 地: 今出川

《NUCLEAR NATION~3.11以後の世界を生きるために》
『シェーナウの想い』

報告

インフォメーション ( 詳細 )

 《WOT/NUCLEAR NATION~3.11以後の世界を生きるために》

チェルノブイリ原発事故から30 年、福島第一原発事故から5 年―
日本、そして世界では何が起こっているのか? また何が行われているのか?
2本の映画と2名のゲストトークにより、現在(いま)を直視する2日間。
 

会期:6月9日(木)、16日(木)
*両日とも入場無料

<スケジュール>
○9日
17:00 開場
17:20 上映『シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~』
18:30 講演「ドイツの脱原発――その来し方と行方」
         青木聡子(名古屋大学環境学研究科准教授)
19:40 上映『シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~』

○16日のスケジュールはこちら

<上映作品>
『シェーナウの想い~自然エネルギー社会を子どもたちに~』
Das Schönauer Gefühl
2008年/ドイツ/60分
監督:フランク・ディーチェ、ヴェルナー・キーファー
ドイツ南西部、黒い森の中にあるシェーナウ市の住民グループが、チェルノブイリ原発事故をきっかけに「自然エネルギー社会を子どもたちに」という想いから、ドイツ史上初の「市民の市民による市民のための」電力供給会社を誕生させるまでの軌跡を綴るドキュメンタリー。
*シェーナウ市:ドイツ連邦共和国バーデン=ヴュルテンベルク州レラッハ郡に属す都市。ドイツの行政単位では市となるが、人口約2500人なので日本の感覚では町や村に近い。

○16日上映『フタバから遠く離れて 第二部』はこちら

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム