同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

クローバーシアター《クラウス・ウィボニー レトロスペクティヴ》

《クラウス・ウィボニー レトロスペクティヴ》

開催年月日: 2016/05/17(火)
開催時間:
開催場所: 寒梅館クローバーホール
料 金: 一般1200円、会員(Hardience、神戸プラネットシネマ倶楽部)・学生・シニア1000円
申 請:
校 地: 今出川

《クラウス・ウィボニー レトロスペクティヴ》
『オープン・ユニバース』

報告

インフォメーション ( 詳細 )

**日・EUフレンドシップウィーク**

《クラウス・ウィボニー レトロスペクティヴ》

バルセロナ、ヴェネツィアなど国際的な映画祭で上映されていながら、日本で紹介される機会のなかったドイツの映像作家、クラウス・ウィボニー監督をお招きし、彼の日本未公開作品上映とトークを、3都市にて開催します。

*****
物理学者・数学者・音楽家でもある映画作家クラウス・ウィボニーは、映像とは抽象的で時空間に出現し消滅する何ものかであり、現実を記録するイメージではないと言っている。ウィボニーは自作を「時間における印象主義的」作品と呼ぶ。ポール・シャリッツに捧げた『西洋の没落のためのエチュード』を始めとする『大地の歌シリーズ」や劇映画『オープン・ユニバース』で使われるフィルム断片の加工(赤青のフィルター、オーバーラップ、フェードアウト、ネガ反転等)と音楽的モンタージュにズレを伴う変調リズムの自作曲のコンビネーション、デジタル映像とドイツを代表する詩人ドリュス・グリューンバインとのコラボレーション作は、観客を尋常でない視聴覚体験に耽溺させる。
赤坂太輔(映画批評家/作品解説も)

<上映作品解説>
『オープン・ユニバース』DAS OFFENE UNIVERSUM
1986-90年/94分/35mm *BD上映
制作・監督・脚本・撮影・音楽・編集:クラウス・ウィボニー
出演:ティルダ・スウィントン、ハンス・ツィシュラー、クリストフ・ヘンマーリング
若い船員ロバート(クリストフ・ヘンマーリング)はアカプルコでフランク(ハンス・ツィシュラー)とカーラ(ティルダ・スウィントン)というカップルと出会い、彼らに雇われてフィジーへの船旅に出る。コミカルな宇宙論のイントロから始まり、破局的な海洋ラブストーリーと瞑想的なランドスケープ・ムービーの映像と監督によるナレーションとアンビエント・ミュージックが音楽的に交錯する。ニューヨーク近代美術館(MOMA)所蔵作品。

<スケジュール>
17:00 開場
18:00『オープン・ユニバース』
19:45 トーク:ウィボニー監督、赤坂太輔、通訳・海老根剛(大阪市立大学准教授)

<料金>
一般1200円、会員(Hardience、神戸プラネットシネマ倶楽部)・学生・シニア1000円
*同志社大学学生・教職員(同志社内諸学校含む)無料

主催:アテネ・フランセ文化センター、神戸映画資料館、同志社大学図書館、同志社大学今出川校地学生支援課

その他会場の詳細はこちら
○神戸映画資料館
http://kobe-eiga.net/program/2016/05/2136/

○アテネ・フランセ文化センター
http://www.athenee.net/culturalcenter/program/wy/wyborny.html

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム