同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

WOT《サミュエル・フラー連続上映!》

《サミュエル・フラー連続上映!》

開催年月日: 2016/04/28(木)
開催時間:
開催場所: 寒梅館ハーディーホール
料 金: 一般 1,500円、シニア 1,100円 *60歳以上、学生 1,000円、Hardience・京都シネマ会員 800円
申 請:
校 地: 今出川

《サミュエル・フラー連続上映!》

報告

インフォメーション ( 詳細 )

『サミュエル・フラー自伝 私はいかに書き、闘い、映画を作って来たか』刊行記念
《サミュエル・フラー連続上映!》

スピルバーグやゴダールなど、世界中の監督たちに慕われたサミュエル・フラー。
ジャンルのルールを踏襲しつつ、しかし「サミュエル・フラー」としか言い得ない確固たる独自のジャンルを作り上げた。ハリウッドの背景に広がる夢の王国=アメリカの、深い陰影からこぼれ出た物語がそこにある。
日本初公開となる待望の『チャイナ・ゲイト』をはじめ6本の傑作を、同志社大学寒梅館・京都シネマにて連続上映。
目を大きく開いて、フラーでしか実現できなかった正統的かつ歪んだ世界の姿を、真正面から受け止めよう!

<上映作品*寒梅館>
『ホワイト・ドッグ』White Dog
1982年/90分/カラー/35mm/ビスタ
監督・脚本:サミュエル・フラー
出演:クリスティ・マクニコル、ポール・ウィンフィールド ほか

ある日、車で轢いてしまった白いシェパードを、連れ帰って飼い犬にした女優ジュリー。だがその犬は、人種差別主義者によって黒人だけを襲うように調教された攻撃犬“ホワイト・ドッグ”だった。黒人の調教師は、命懸けの矯正を決意するが…。アメリカで公開禁止となった問題作。


<スケジュール>
18:00 開場
18:30 トーク:樋口泰人(映画批評家/boid主宰)
19:00 上映

<料金>
一般 1,500円、
シニア 1,100円 *60歳以上
学生 1,000円
Hardience・京都シネマ会員 800円
*同志社大学学生・教職員無料

主催:boid、京都シネマ、同志社大学今出川校地学生支援課

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム