同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

WOT《フランス映画祭2015in関西》*WOT特別編

《フランス映画祭2015in関西》*WOT特別編

開催年月日: 2015/06/29(月)
開催時間:
開催場所: 寒梅館ハーディーホール
料 金: 一般1300円、会員(京都シネマ、クラブ・フランス、Hardience)・学生800円
申 請:
校 地: 今出川

《フランス映画祭2015in関西》*WOT特別編
『EDENエデン』©2014 CG CINEMA - FRANCE 2 CINEMA – BLUE FILM PROD– YUNDAL FILMS

報告

インフォメーション ( 詳細 )

毎年東京にて開催され、今年で23 回目を迎えるフランス映画祭2015を関西でも開催します。
寒梅館ハーディーホールでは、今の最良のフランス映画から選りすぐりの2作品を上映。ゲストによるティーチインも行います。


<上映作品>
『EDEN エデン』 *150席限定
2014年/131分
監督:ミア・ハンセン=ラヴ
出演:フェリックス・ド・ジヴリ/ポーリン・エチエンヌ/ヴァンサン・マケーニュ
配給:ミモザフィルムズ
2015年初秋、新宿シネマカリテ他全国順次ロードショー

90年代フランス、エレクトロ・ミュージックが台頭する中、ポールはエキサイティングなパリのナイトライフでDJとしての一歩を踏み出していた。
彼は親友と「Cheers」と呼ばれるデュオをつくり瞬く間にオーディエンスの人気を得ていく。
「EDEN」
はフレンチ・ハウスの世界的成功と衰退まで、Daft Punk、Dimitri from Paris、Cassiusのようなミュージシャンを代表とする“フレンチタッチ”ジェネレーションの軌跡を背景に、ひとりのDJの成功と挫折、愛と友情を描く。


『身をかわして』
2004年/117分
監督:アブデラティフ・ケシシュ 
出演:サラ・フォレスティエ、オスマン・エルカラス、サブリナ・ウアザニ

クリモは、パリ郊外のHLM(低所得者向け公営団地)に住む15歳の少年だ。いつかヨットで世界の果てまで行くことを夢見ている。仲間たちと代わり映えのない毎日を過ごしていたクリモは、活発でちゃめっけのある同級生のリディアに恋心を抱くようになる。彼女はマリヴォーの戯曲を公演するための練習に夢中。なんとかリディアの気を引こうと、クリモはアルルカンの役を演じることを決心するが…。昨年日本でも『アデル、ブルーは熱い色』が注目されたケシシュの長編二作目。「演劇が人生に属しているように、人生も演劇に属しているのだというルノワール作品の大いなる教訓のひとつを確認している」(ジャン=フランソワ・ロジェ)。

公式HP http://unifrance.jp/festival/2015/

<スケジュール>
14:00 『EDEN』整理券配布
14:30 開場
15:00 『身をかわして』
17:15 ティーチイン:荏開津広(えがいつひろし)/DJ・オールピストジャポン・京都精華大学非常勤講師
18:30 『EDEN』

<『EDEN』整理券配布について>
当日14:00より整理券を配布します。
*配布場所は寒梅館1Fの仮設チケットブース(寒梅館正面入口付近)
*同志社大学学生・教職員(同志社内諸学校含む)の方は学生証・教職員証をご持参ください。
○全席自由席
○整理券受付をお待ちの列が長くなった場合、上記時間より早めに受付する可能性がございます。
○開場時に、整理券の番号順にお呼び出しいたします。
○開場時間までに会場にお戻りください。 開場時間に遅れますと整理番号は無効になり、お席が選びにくくなる場合がございます。
○開場時は前売券をお持ちの方から順番にご案内いたします。

主催:アンスティチュ・フランセ日本
共催:シネ・ヌーヴォ、京都シネマ、同志社大学今出川校地学生支援課
特別協力:ユニフランス・フィルムズ

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム