同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

クローバーシアター《追悼 マノエル・ド・オリヴェイラ》

《追悼 マノエル・ド・オリヴェイラ》

開催年月日: 2015/06/16(火)
開催時間:
開催場所: 寒梅館クローバーホール
料 金: 無料
申 請:
校 地: 今出川

《追悼 マノエル・ド・オリヴェイラ》

報告

インフォメーション ( 詳細 )

今年4月2日に106歳でこの世を去った、"現役最高齢"の映画監督マノエル・ド・オリヴェイラを追悼し、4作品を2日間にわたって特集上映します。
*入場無料


6月9日(火)
15:30 開場

16:00
『ノン、あるいは支配の空しい栄光』”Non”, ou a vã Glória Mandar
1990年/ポルトガル、フランス、スペイン/106分
出演:ルイス・ミゲル・シントラ、ディエゴ・ドリア ほか
1990年カンヌ国際映画祭国際批評家特別賞他受賞
「敗北というテーマは男性に固有の問題だ…」(オリヴェイラ)。ローマ時代から20世紀まで、国家の興亡を描いた壮大な歴史・戦争絵巻。

18:00
『神曲』A Divina Comédia
1991年/ポルトガル、フランス/141分
出演:マリア・デ・メディロス、ミゲル・ギレルメ ほか
1991年ヴェネツィア国際映画祭審査員特別大賞受賞
人生は神聖なる喜劇を永遠に反復しつづけるのだろうか? 虚と実を超越したオリヴェイラの最高傑作。


6月16日
15:30 開場

16:00
『クレーヴの奥方』La Lettre
1999年/ポルトガル、フランス、スペイン/107分
原作:ラファイエット夫人「クレーヴの奥方」
出演:キアラ・マストロヤンニ、ペドロ・アブルニョーザ ほか
1999年カンヌ国際映画祭審査員特別賞受賞
17世紀の古典恋愛小説を、道徳・精神性を継承しながら現代のパリに置き換えて物語る。実験的な試みを、洗練された映像で包み込んだ、恋愛映画の傑作。

18:00
『家宝』
2002年/ポルトガル、フランス/131分
出演:レオノール・バルダック、レオノール・シルヴェイラ ほか
2002年カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品
どんな平和な家にも隠されている家庭の秘密、そして秘められた家宝。オリヴェイラが描く運命の女(ファム・ファタル)。
 

マノエル・ド・オリヴェイラ Manoel de Oliveira
1908年12月11日 - 2015年4月2日

ポルトガル北部の港町ポルトで生まれる。1931年に初監督作品『ドウロ河』を発表。その後家業である織物工場を手伝いながら短編映画を制作。42年に初の劇場用長編映画『アニキ・ボボ』を発表するが商業的成功にはいたらず、映画界から遠ざかる。その後60歳を過ぎた1972年の『過去と現在 昔の恋、今の恋』にて復帰。以降、世界的に注目を集め、100歳を過ぎても多くの作品を発表し続けた。
主な監督作品:『アブラハム渓谷』(1993)、『夜顔』(2006)、『レステルの老人』(2014)他
 

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム