同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

クローバーシアター《アナログ・シネマ~変容する映画を越えて》

《アナログ・シネマ~変容する映画を越えて》

開催年月日: 2015/06/02(火)
開催時間: 18:30開場/19:00開演
開催場所: 寒梅館クローバーホール
料 金: 1000円
申 請:
校 地: 今出川

《アナログ・シネマ~変容する映画を越えて》
"Plant In My Head"

報告

インフォメーション ( 詳細 )

ポルトガル生まれベルリン在住の前衛映像作家 ペドロ・マイア。彼の短編作品上映と、ペドロ・マイア、映画作家牧野貴さんをお迎えしてのトークを開催します。
フィルム・ラボで働いた経験を持ち、かつ世界を舞台に活躍するお二人が、日本やヨーロッパにおいて個人の映画製作はどのようになっているのか、現状を交えながらその可能性について語っていただきます。

18:30 開場
19:00 上映 ペドロ・マイア監督作品7本(計51分)
終了後 アフター・トークあり
ゲスト:ペドロ・マイア、牧野貴

料金:1000円均一
*同志社大学学生・教職員(同志社内諸学校含む)無料

<ゲストプロフィール>
ペドロ・マイア(Pedro Maia)
前衛映像作家。1983年ポルトガル生まれベルリン在住。アナログ・シネマを主なコンセプトとして作品を制作。オーバーハウゼン国際短編映画祭などの映画祭やバルセロナ美術館など世界各国で上映されている。また2004年からライブシネマを展開。Panda BearやFennesz、Svrecaなどミュージシャンとのコラボレーションを行っている。

牧野貴(Takashi Makino)
映画作家。1978年東京生まれ。日大芸術学部映画学科卒業後、単独で渡英、ブラザーズ・クエイに師事。フィルム、ヴィデオを駆使した有機的な映画を制作。またジム・オルークなどの音楽家との多岐にわたる共同作業においても、世界的に高い評価を獲得し、世界各国の映画祭や美術館などで上映されている。2009年には上映組織「+」(プラス)を立ち上げ、日本で紹介されない映画作品を上映している。

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム