同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

課外プログラム

  • 映画上映
  • 講演会
  • 体験
  • LIVE
  • セミナー
  • その他

《ゴダール/新世紀の起源》
『中国女』(c)1967 Gaumont/Cine Mag Bodard/Roissy Films/M.Nicolas Lebovici

  • 《ゴダール/新世紀の起源》
    『はなればなれに』(c) 1964 Gaumont - Orsay Films
 

WOT《ゴダール/新世紀の起源》

《ゴダール/新世紀の起源》

開催年月日: 2014/10/30(木)
開催時間:
開催場所: 寒梅館ハーディーホール
料 金: 料金(各回入替制):一般1300円、Hardience会員・学生1000円
申 請:
校 地: 今出川

報告

インフォメーション ( 詳細 )

 《フィリップ・ガレル、重なり合うときの中で~最新作『ジェラシー』公開記念特集 in 関西》開催とジャン=ピエール・レオー氏来館を記念し、監督曰く「最も重要で意識する3名の1人」であるゴダール作品を特集上映。その中でもレオー氏が出演した作品と『愛の誕生』撮影監督、ラウール・クタールが参加している2作品をピックアップしてお届けします。

*開場は各回30分前を予定
 
16:00
『中国女』
La Chinoise
1967年/フランス/96分/カラー
監督・脚本:ジャン=リュック・ゴダール
撮影:ラウール・クタール
出演:ジャン=ピエール・レオー、アンヌ・ヴィアゼムスキー ほか
 
中華人民共和国では文化大革命の最中の1967年、パリ、夏のヴァカンス。ソルボンヌ大学哲学科の女子大生ヴェロニクをはじめとする5人の若者が集まり、合宿を開始する。“小さな赤い本”を手に、熱烈な毛沢東主義者となる彼らだが…。パリ5月革命の予見と囁かれた作品であり、歴史の時代へと歩みを進めるゴダールによる映画的運動。
 
 
18:30
『はなればなれに』
Bande à part
1964年/フランス/96分/モノクロ
監督・脚本:ジャン=リュック・ゴダール
撮影:ラウール・クタール
音楽:ミシェル・ルグラン
出演:アンナ・カリーナ、サミー・フレイ ほか
 
性格は正反対だが推理小説マニアで親友のフランツとアルチュールは、オディールにひとめ惚れ。3人は大金の強奪計画を実行することになるのだが…。ヌーヴェル・ヴァーグ絶頂期の長編第7作。ゴダールは本作を『勝手にしやがれ』の続編と呼び、ラストシーンでは続き=『気狂いピエロ』を予告する。
 
料金(各回入替制):一般1300円、Hardience会員・学生1000円
*同志社大学学生・教職員(同志社内諸学校含む)無料

主催:同志社大学今出川校地学生支援課
作品提供:boid

 

最新課外プログラム

同じカテゴリーの最新課外プログラム