同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

世界へ翔け! 第2弾 ソフトボール部

プロフィール

1.代表に選ばれたいきさつを教えてください。

  • ニュージーランド遠征の代表選出は立候補形式で、応募者の中から過去の実績を考慮して選ばれました。
  • 最終的に決まったのは2013年の12月です。自分にとって良い経験になると思い、立候補しました。
  • 僕はソフトボールを始めたのは大学からですが、始めたからには何か成し遂げたいという気持ちで挑戦しました。遠征が就職活動の時期と重なっており、不安もありました。試合が終わってから夜にエントリーシートを書いたりと苦労はありましたが、最終的に満足できる形で就職活動を終えられたので、参加して良かったです。日本代表として海外に行ったという経験は、就職活動でも採用担当の方に興味を持ってもらえました。

2.日本代表の活動と普段のクラブ活動で違いはありましたか。

  • 初めて一緒にプレーをする人もいる環境で、短期間のうちにチームとしての一体感を高めていくのは新鮮でしたね。
  • 練習内容の大半はチーム連携に関わるものです。同志社も個人の練習は個人に任せてクラブ活動の時間はチームでの練習を多くしているので、そのあたりは似ているなと感じました。
  • 代表選手は全国から集まっていて、各選手が毎日厳しい練習をこなしています。高いレベルでの連携プレーが求められたのでシビアさは普段以上に感じました。
  • 皆と練習して、自分が一番へたくそだと思いました。僕はバッティングが持ち味ですが、周囲のレベルが高い中で自分のできることを生かすのは難しかったです。
  • 1
  • 2