同志社スポーツの最新情報をお届けするサイト DOSHISHA SPORTS ATOM

お知らせ:

世界へ翔け! 第3弾 空手道部

プロフィール

1.代表選手に選ばれての感想を教えてください。

  • 私は高校時代にジュニアで代表選手だったので、日本代表にも選ばれたいと思っていました。選ばれた時は日の丸を胸に付けられることが本当に幸せだと感じましたね。それと同時に、日本代表として恥ずかしくないように強くならないと、という気持ちも湧きました。
  • もっと実力をつけて世界で通用する選手になりたいと思ったのは私も同じです。自覚と責任を持って精進を続けようと、決意を新たにしました。
  • 私はアメリカ代表として活動していますが、自分が生まれた国を代表することに誇りを持っています。国は違えど同じスポーツをするライバルと切磋琢磨し、試合後には仲良く会話できる空間がとても好きです。このような機会があるのも代表選手であるからこそだと思います。

2.日本代表の活動と普段のクラブ活動で違いはありましたか。

  • ナショナルチームには各団体、大学で指導されている監督やコーチが集まるので、さまざまな練習メニューを経験できます。同志社での練習も動きを撮影して研究するなど工夫していますが、ライバル校はこのような練習をしているのか、と学ぶことが多かったです。また参加人数も多く、さまざまな方と練習するため刺激にもなりました。
  • 特徴的なのは、海外選手対策を行っていることです。体格の違う海外の選手と対等に渡り合えるための練習を取り入れていました。
  • 1
  • 2